2010年01月29日

美味しいバングラデシュカレーの作り方

 ちょっとしたグザイと時間があれば美味しいのが作れます。
 友人直伝の味。やみつきになります。

Ingredients:
■材料

01. Chicken 1kg
チキン1kg
02. Oil(Salad/Olive) 1/4 cup
食用油(植物/オリーブ)1/4カップ
02. Water 2cups
水2カップ
03. Tomato 1(cut into 4-6 pieces)
トマト1つ(4,6等分)
04. Potatoes 2(cut into 4 pieces each)
ジャガイモ2つ(4等分)
05. Onion 1(Make Thin slices)
玉ねぎ1つ(スライス)
06. Ginger paste 1/2 tea spoon
生姜ペースト1/2カップ
07. Garlic paste 1 tea spoon
ガーリックペースト小さじ1杯
08. Garam masala 1/4 tea spoon
ガラムマサラ小さじ1/4杯
09. Chili powder 1/2 tea spoon
チリパウダー小さじ1/2杯
10. Turmeric powder 1/4 tea spoon
ターメリックパウダー小さじ1/4杯
11. Coriander powder 1 tea spoon
コリアンダーパウダー小さじ1杯
12. Cumin powder 1/2 tea spoon
クミンパウダー小さじ1/2杯
13. Salt 1-tea spoon
塩小さじ1杯

Process:
■手順

Step1: Use your pressure-coocker, put on weak heat and make it hot. Use the oil and put onion into it.
keep stiring until the colour of the onion become brown and than use garlic and ginger paste
and stir well. This time you can add little water.
圧力鍋をとろ火で加熱し、食用油と玉ねぎを加える
玉ねぎが茶色くなるまで炒めて、ガーリックと生姜ペーストを加え、さらに炒める
 このとき少量の水を加える

Step2: Add all the masalas and tomatoes and stir until you get a good looking curry paste.
すべての種類のマサラと、トマトを加えいい感じのカレーペーストになるまで混ぜる

Step3: Add Chicken and potatoes and stir well
チキンとポテトを加えてさらによく混ぜる

Step4: Add water and Don't forget to Add Salt and than close the cover of your pressure coocker,
keep it on weak heat for 10-15mins
水と塩を加えて圧力鍋のふたを閉め、10-15分ほどとろ火で温める
posted by 煩悩即菩薩 at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2008年07月26日

とうふ屋うかい@鷺沼

とうふ屋うかい 久々のうかい。今回は初めてとうふ屋うかいにいってきました。
 前は別のうかい亭だったのですが、まあうかい亭系列といえばはずれはないだろうなという期待の元、予約をしてからこの日まで楽しみにしていました。

 和中心のメニューを出すところだけあって、うかい亭とはまた別のおもむきがあります。建物も中の庭も落ち着きのある純和風のつくりで、雰囲気がとてもよかったです。店の味の良さは雰囲気にも大きく影響されるところがあるから、このポイントは高いです。
 水の流れる音を聞きながら、夏の風情をかもし出す庭園を横目に頂く料理はまた格別なものがあります。旅館の一室を髣髴とさせる雰囲気の個室で、とても落ち着けます。子供づれでも全く問題がないです。子供づれをたくさんみかけました。多くの年齢層、嗜好層を取り込めるだけのものがあります。(そうじゃないとやっぱだめですね。残念ながら。)

 で、実際の料理なのですが、やっぱり期待を裏切ることのないクオリティでした。
 豆腐、油揚げ、なんて普通一般の食卓にも上がるようなものなのですが、それぞれ一つ一つに上品な味わいがあり、満足でした。
 基本はコース料理なのですが、あれもこれもといろいろ他にも注文しました。
 季節のものを旬のうちに頂く贅沢というものは格別です。ということで、鮎。これはいただきものでたまに食卓に上ることがあるのですが、微妙な焼き加減にやられました。見てうまい、たべてうまい、そんな感じです。
 あと、お勧めの竹酒も香りゆたかですっきりと美味しかったです。

 ちなみに予断ですが店員さんも美人が多かったと思います(ポイント高し)。
 そして近くまた来ることが決定です(リアルに)。次は今回いただけなかったものを…!と思います。
posted by 煩悩即菩薩 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2008年06月07日

博多中洲五臓六腑 横浜西口店

 これは紛れもなく博多のもつ鍋だ。
 横浜近辺でもつ鍋なんてそんなに食べたことはないけれど、ここで食べたものは全て博多だった…。これぞもつ鍋。そうそうこの味!というのを満喫できる場所だ。

 もともと知らなかったのだけど、ひょんなところでここに行く機会ができた。おどろいたのが五時半の開店前に人が既に並んでいる…。こういう居酒屋って中々ないと思うし、横浜でこういうところがあるということすら想定外で入店前からかなり期待が高まった。
 ちなみに予約梨では入れない状態で、街人数の大多数は開店前に門前払いという状態。ううむ!

 地下にある店内はそんなに大きいわけではない。まあ可もなく不可もなく。
 ただメニューが様々。牛タンの刺身とかってちょっと他ではありえない。ある意味ゲテものな感じはあるが、味は保障できる。もつ鍋以外でも色々楽しめるのだ。
 焼き物の肉もこってりと脂が乗っていて美味しい。

 ただ問題点は人気店のためか、リアルに予約時間の2時間をプッシュされるところ(仕方ないとは思うけど)。最後のもつ鍋は美味しかった…。が、もう味わっている時間も喋ってる時間もない。
 でも、美味しい。悔しいけど。

 ということで、長居は無用でさっと美味しいものを食べちゃいたい人にはお勧め。本当に美味しいです。もっとゆっくり食べたかった!
posted by 煩悩即菩薩 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2008年05月04日

あんみつ@文の助茶屋

文の助茶屋のあんみつ 新横浜に京都の老舗が店舗を出しましたゆえ、早速賞味してみました。
 写真はお持ち帰りのものですが、店舗で食べたものも美味しかったです。何がどう美味しいか。
 まず甘い物に関しては、甘さが最低限に抑えてあります。うっすらと上品にあまく、こういうたぐいのものが余り好きでない人でも楽しめると思います。
 次にご飯もの。といっても茶そばしか食べてないですが、これもあっさりとした味で非常に好感が持てました。

 お持ち帰りのあんみつもとてもよいです。あんこの粒も、寒天の独特の弾力も流石といったところ。とにかく微に入り細を穿つ日本の甘味の味を楽しめます。

文の助茶屋

posted by 煩悩即菩薩 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2008年02月23日

かねふくの明太子

 かねふくの明太子が何気に応募した懸賞で当選してしまいました。そうでないと食べる機会がなさそうな気が。有名なお店のものなのでそれなりの値段がいたします。お中元とか贈り物にはよいですね。

 箱を開けてみて思ったのが「でかい」。
 もったりとした威厳のあるでかさです。しかしながらしまりのあるプロポーション。さすが。
 そして味。辛さは控えめですが、口の中で粒がほんのりととけていくような感じで美味しいです。ボリューム感と美味しさで高得点です。これは美味しい。

 日常の食卓に並ぶようなことは(そんなに裕福でないし)ないかなと思いますが、贈り物には最適かと思います。やっぱり試してみてから送った方がいいですしねえ。炊き立てご飯に乗るまさに至玉の一品でございます。

 「かねふくの明太子
posted by 煩悩即菩薩 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2008年01月22日

いちごのロールケーキ@グラマシーニューヨーク

グラマシーニューヨークのいちごロールケーキ 奇しくも丁度去年あまおうのロールケーキを逃して一年ぶり。高島屋はグラマシーニューヨークのいちごのロールケーキをついにゲット。ゲットはいいが店に着いたとき驚いた。行列が出来ていたのだ。

 どうやら最近TVで紹介したらしい。
 TVの力は凄いものがあるなあ。私のように以前からちょいちょい買っている人間にとっては(とはいってもそんなに頻繁ではないけど)「へええ」って感じだ。
 並んでいると他のお客さんが「この行列なんですか」とか行列の整理をしている店員さんに聞いていたかと思いきや、スーツを着たどうやらマネージャさんらしき人が満面の笑みを浮かべてその行列を見ていたりとか、いつもと違った雰囲気だった。
 あまおうの時はお昼過ぎに買い求めに行ったら既になかった。あれは悔しかった。(ちなみに今回は午前11時頃に並んだ)

 さてもってかえって早速食べました。
 生地がちょっと変わったのかなあ、もさもさもったりした感じにオーソドックスなロールケーキの風味を感じました。イチゴとクリームは丁度ショートケーキのような風味で美味しかったです。並んで買ってギャー特別おいしー、みたいなことはないですが、いつもどおりの安定した味で安心して買えますね。もちろんノーマルのよりこっちの方が好きです。
posted by 煩悩即菩薩 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2008年01月19日

博多もつ鍋 黄金屋

 博多に行ったときに食べたもつ鍋はとても美味しかった。それでこっちに帰ってきてからも何だかもつ鍋をつつきたくなることが多くなった。特に冬ですしねえ。

 ということで一番人気のある「博多もつ鍋 黄金屋」でもつ鍋の材料を買って食べてみた。

 野菜を入れすぎたのか味が薄い…あぶらもかなり濃い目だ。作り方間違えたのかな、あれ。まあ美味しいには美味しいがやっぱり食べに行ったほうがいいかなと思った。野菜入れすぎたのかなあうーむ。

 評価はまあふつう。
 いや、やっぱり作り方が悪かったのかなあ…いや、どうだろう。うーむ。とりあえず自分で確かめてみてください。人の味覚は一様ではありませんので。

 こちら⇒link
posted by 煩悩即菩薩 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年07月16日

もつ鍋 笑楽@博多

笑楽のもつ鍋 博多に用事があったので、せっかくと思い色々博多に詳しい人に美味しいお店を何軒か聞いてみた。ちょっと出せばいいものが食べられるのは世の常だけど(例外あり)、やはりお安く美味しく食べられるに越したことはない。

 何件かの一つにこのもつ鍋やが入っていた(こちら)。ホテルからも丁度近かったのでどんなものかと試してみた。
 ちなみに結論から言うと、今回の博多滞在ご飯の部で優勝。
 メタクソにうまい。
 塩ベースのスープを注文したのだけど、あっさりの中にコクがある。陳腐な表現を使えば「バター風味がする」。とんこつなのか?と思ったら鶏がらスープらしい。どうやってこんな味が出るのだか。
 韮とゴマがまたうまくあっていて、薬味好きにはたまらない。
 最後に残り汁を使用して雑炊にするかちゃんぽんにするか聞かれる。ラーメンを他所で食べようと思っていたので雑炊にした。全て綺麗に食べきった。

 週末の夜とはいえ、外は台風が接近している。そんな中でも人は満員。予約なしで二人で行って20分待った(比較的シームレスに入れたほうだけど)。予約していけ!といわれていたのだけど…。

 ああー、これ博多オンリーなのかと残念がっていたら。
 東京の中野・神楽坂に支店があるじゃないの。絶対いこ。
 しかも通販までやってるのね…⇒もつ鍋 笑楽通販
)。
posted by 煩悩即菩薩 at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年06月02日

陳麻婆豆腐

陳麻婆豆腐 横浜に住んでるんですよというと、大抵
 「中華街はよくいくんですか」とか「中華街で美味しい店知りませんか」
 といわれる。

 残念ながら答えは否だ。
 地元民がそこの観光地を余り知らなかったりするという現象があると思うけど、それです。
 近くにあると思うと行く気をなくす。最も中華街はいったことありますよ。

 本日は中華街ではないですが、みなとみらいのクイーンズスクエアに入っている陳麻婆豆腐に行ってまいりました。ふらりと立ち寄るような感じで入れる店です。中もそんなに広くないし。値段も高いわけじゃない。
 しかし味が良いです。このコストパフォーマンス(ランチ1000円でご飯お変わりし放題)は最強だと思います。
 まずはここの名物麻婆豆腐とポルティーニ茸の炒め、エビチリを注文。
 麻婆豆腐が辛いからい。
 香辛料がきいていて、辛いばかりではなく一般的な麻婆豆腐にはない風味がします。本場成都は四川料理なので辛いのは当たり前かな?
 エビチリはえびがプリンプリン。陳腐な表現しか出来ないですが、プルプルしていて美味しい。
 そしてポルティーニ茸の炒め、これが美味しかった。ふにゃふにゃにとろけた茸と繊維質なピーマンの歯ごたえの組み合わせにうなりました。
 やばいです、ここ美味しいです。何気にでてくるつけものもぴりりとした後味がありました。割と他のところにも展開しているようですが、侮れないです。皆さん、中華街でなくても美味しい中華はあるわけですよ。

posted by 煩悩即菩薩 at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年05月30日

トラットリアPrimo@軽井沢

Primoのサラダ 軽井沢のイタリア料理屋さんです(こちら)。20分待ちで入れました。
 とりあえずパスタよりもピザが美味しいという評判に従ってピザを注文。ついでにサラダを注文しました。

 薄い生地のピザ好きなんですが、美味しかったです。名前忘れたけどアンチョビとたっぷりのチーズがもさもさと絡んですばらしい。
 でピザも美味しかったんですが、サラダが美味しかったんですよ。こいつは絶品でございました。というのも生野菜とソースだけなのですが、この組み合わせがたまらない。ソースは熱々のアンチョビ+ガーリックの濃縮スープです。これがこれだけでも美味しい。濃厚なシチューみたいなイメージです。このソースに程よく冷えた生野菜をつけて食べると、暖かさと冷たさが口の中で混ざって意外なおいしさでした。野菜も素材の味が生きている感じがしました。美味しい野菜ってそのまま食べても香織や風味が楽しめるのがいいですよね。

 次はいつだ。パスタもちゃんと食べてみたく思います。
posted by 煩悩即菩薩 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年05月06日

Pastelのプリン

 私はプリンが好きだ。スーパーに行ったときはついついプリンを買ってしまう(メタボの序曲)。この間はふらの牛乳プリンを食べたが、今回は知る人ぞ知るパステルのプリンだ。名古屋では普通に有名なのだそうだ。
 近所のスーパーに来ていたのでゲット。

 どんなものかあまり知らなかったので、期待もそんなにしていなかったがスプーンをプリンに入れた時、感動の声が漏れた(本当に)。プリンのもそもそとした皮膜がスプーンが入るにつれてやわらかく蛇腹状になる。そしてその下にはとろとろのプリンの海が!スプーンのひとさじにこれほどの感動を覚えたプリンは初めてですよ。食感ではなく、さじ感?やべー。

 そして肝心の味はというと。これがまたやばい。
 ほどよい甘さが口の中に入るときにはもうとけている。上部の皮膜と下部のカラメルを一緒にして食べるもよし、なかのクリーミイな部分を食べるもよし。これはうまいです。

 うまいので本日もまた買いました。
 昨日のはノーマルのでしたが、今日は抹茶とキャラメルですよ。
 オホー楽しみ。

 通販もやってるんですな⇒こちら

窯出しなめらかプリン&キャラメルプリン(各5個入り)
posted by 煩悩即菩薩 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年03月19日

ふらの牛乳プリン

 以前、実家に贈り物として送ったことはあるのだけど自分で口にすることはついぞなかった。が、今日いったらららぽーとにて発見したので迷わずゲット。晩御飯の後早速食べてみた。

 牛乳瓶を髣髴とさせる小瓶に入った状態になっている。中身は白い牛乳ではなく、プリンだ。何で飲み物みたいな風になっているのだろうと思ったら…。
 うまい。これはうまい。
 丁度いい甘さと、やわらかいを通り越してとろとろに溶けたプリン(やろうと思えば"飲める")。ちょっと中が微妙にシャーベット状になった状態で食べると、やわらかさの中にしゃりしゃり感がでてまたこれが非常によい。くせもないし濃厚すぎもしないのでしつこさがない。

 こりゃ喜ぶわ。もうちょっと早く食べてみりゃよかった。
 甘党の人には最適の贈り物です。誰か送って。

posted by 煩悩即菩薩 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年02月18日

元町梅林@横浜 元町

元町梅林 悲願念願?の元町梅林にくることができました。前から一度はいってみたいなあと思っていたのですがようやく実現です。

 噂に違わずそのボリュームたるや、胃袋がむせび泣きしておりました。
 無論、大食学生ではありませんので何品かは「お持ち帰り」をしました。(品が出てくる時に持ち帰りしますか、と聞かれます)
 それぞれの品々をいちいち説明するのは長々しくなってしまうので、総合的なことしかいえないですが、かわいらしい佇まいと素材の味を生かした料理は総じて良かったです。そうです、それぞれの料理は華美ではなく、自然のままの味付けを生かした感じで、盛り付けも(ちょっとした和食屋さんには往々にしてあることですが)可愛かったです。

きゅうり 昼の1時から入って、最後に出たのは4時。賞味3時間で最低でも20数品の料理がでてきます(コースによってはまだでてきますが)。あれもこれもと食べきれるはずがないですが、目で愉しんで食べることもまあ可能といったところです。
 最後の方にはお年を召した女将さんが全ての席を回って挨拶をしてくれます。今回は「柚子胡椒」をお土産に持たせてくれました。なんとまあ。

 きざな感じが全くなく、接客もよく、料理にも温かみがあるお店です。
 もっと大きなところをイメージしていましたが、入り口に咲く梅の箱庭に小さな入り口があるかわいらしい店でした。

 ええ、今日の晩御飯は抜きです。というか、食べれません。
posted by 煩悩即菩薩 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2007年01月12日

天八@浜松

天八. 職人堅気な感じのするおじいさんが天ぷらをあげてくれるお店です。おばあさんともう一人、3人で切り盛りしているのかな。あまり知らないのですが連れの者に連れられていきました。
 ちょっと分かりにくいところにありますが、味は絶品。食材の味で勝負するためかころもは薄め、海老も天然モノ、揚げたての天ぷらが揚げられた順に皿に載せられます。私は天ぷらの上を注文しました。海老、あなご、ホタテ、アスパラ…とふかふかホクホクで旨みがタップリでマル。最後はかきあげ、そしてバナナの天ぷら(こ、これはデザートですか)で終わり。
 それにしてもあそこのおじいさんは味があってよいです。あの大きなめがねの中にきらりと光る眼光に語るものがあります。

 訪れた時は昼前だったのですが、すぐに満席になりました。平日だったのでサラリーマンの方が大半でしたが、いいもの食べてるなあしかし。

posted by 煩悩即菩薩 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2006年11月12日

シャトー ル・パン@みなとみらい

ワゴンできたぞ どうにもフレンチが食べたくなることってありませんか。でもそんなにお店を知らないし、さあどうしようということで落ち着くのはこの店なんでしょう。フランス料理といえば高いイメージがあるのですが、ここはコストパフォーマンスはピカイチだと思っています。1年以上ぶりにいきました。今回はランチでがつっと5000円コース。いや、特に何かあったわけでもなく特別な日というわけではありません。個人的にフレンチの日なのです!

 今回は調子に乗って一番高いコースにしましたが、それはワゴンデザートが出てくるからなのです。ワゴンでだーっと出てきて取り放題(取り放題じゃないけど、選び放題)。
 今日の料理も美味しかったですよ。
 一口オードブルに出てきたポテトとサーモンの…あれ、名前忘れた、あの見た目にまず視覚的に楽しみました。よーし出てくるぞ。
グチのフリッター イシモチダイのフリッターは、フリッターの部分が小粒のカリカリ感がありよい食感。
牛フィレ メインの牛ヒレ肉のポアレのカシスソースは、カシスの実と頂くとお肉とその酸味が面白い味を引き出していました。初めてのコンビネーションでしたが、これは面白いですね。
 食間にでてくる自家製パンも美味しいです。焼きたてパンって香りがあって独特の風味があっていいですよね。

 そしてデザートのワゴン。ガラガラガラーっと8種類でてきて、そのうち4種類を選びました。おおー出てきた出てきたといった感じ。最後は流石に苦しくなったような気がするのは気のせいです。名前はうろ覚えですが、三相のチョコレートケーキがいけてました。最下層のベースがカリカリしていて、上層の濃厚なチョコケーキとの組み合わせが幸せな味を…。

 ちなみにこちらが以前の記事。このブログ開始初期のものですが、もう1年以上たったのだなあ。今日の人のいりは以前よりもよかったです。というか8割がた席は埋まっていました。


posted by 煩悩即菩薩 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2006年11月06日

林屋茶園@横浜そごう

抹茶ソフト ある日ふらっと立ち寄ったお気に入りの甘味どころ「林屋茶園」。横浜そごうにあります。
 ここの抹茶を基調においたパフェ群はそのほかの店の追従を許しません(個人的に)。和の心を感じることができる落ち着き空間で堪能できるお抹茶スイーツ。割とよくいきます。毎回殆ど抹茶ソフトを食べてしまいます。あの抹茶のこなこなした感じがソフトの中に封じてあって、ほのかな苦味が楽しめつつ、わらびもちのくにゃくにゃした感じがよいのです。
 休日は大抵行列になっているのですが、連休明けの今日は昼時ということもあって殆ど客はいませんでした(後から徐々に入ってきましたが)。
あんみつ 抹茶パフェなどには山椒がついてきて、甘い中にも時折つまむとよい香りがアクセントになってこれも楽しいです。私の中ではかなりオススメのお店です。


<京都>林屋茶園 抹茶アイスミルク
posted by 煩悩即菩薩 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2006年10月23日

うなぎ あつみ@浜松

うなぎ あつみ 浜松って浜松町じゃなくて、静岡県の浜松ですよ。
 せっかく浜松に来たのですからうなぎを食べなければ成りません。
 美味しいうなぎ料理店という話を聞き(というか相方に電話で問い合わせた)いってみました。

 何人かを連れて行ったのですが、全員に好評でした。
 うな重を注文しました。うなぎがふかふかしていてとても美味しかったです。炭火の香ばしい香りと味わいが、やわらかいうなぎにマッチしています。ご飯はおかわり自由(1回おかわりしたら満腹ですが)
 (色々やけくそだったので)昼間からビールを飲みましたがビールはどれを飲んでも同じ値段でした。勿論うなぎ料理なので他のものと違って値段が高いですが、その値段に見合うだけのペイバックがあったと思います。本当に美味しかった。
 また、デザートのメロン、これももう完熟で、解けるような口当たりのメロンっていうのはこれでしょうね。

 店の前にはメニューやら一切展示していないので、最初ちょっと入るのに躊躇しましたが、それはこの店の歴史と自信がなせることなのかもしれません。
 詳しくはよく知らないですが、ここ、よかったですよ。



でかうま!ふわとろ!大きくて美味い!!特大≪静岡産≫うなぎ長蒲焼1本【真空パック】
posted by 煩悩即菩薩 at 14:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事

2006年10月14日

コールドストーン@横浜ランドマークプラザ店

マッドパイモジョ ランドマークタワーの飲食店は11時から開店します。コールドストーン(ココ)は昼過ぎに店の前を通りかかるといつも行列で入る気がうせていました。そんなにうまいんかいなと疑問に思っていたので今日行きました。11時前にいくと十数分程度の待ちで済みました(というよりは、最近は以前よりそんなに並ばなくなったとか?)。

 チョコレートが好きなので、マッドパイモジョなるものを50円増しのワッフルコーン付きで注文しました。ピーナツバターが効いているアイスは初めて食べました。面白い味覚ですね。
 石の上でアイスクリームをこねくって、クッキーをマッシュして、歌を歌ったりというのが他の店と違います。

 総合して「甘い」です。甘すぎるとのどにちょっと刺激があるような感じがしますが、あれです。最近の人たちの味覚はアメリカナイズされて大味な感じのがうけるようになったのでしょうが。これは私はもうお腹一杯です。

 アイスは林家茶園の抹茶のが美味しいですよ。
posted by 煩悩即菩薩 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2006年06月30日

あぐら亭:すっぽん料理@野毛

すっぽん鍋 初すっぽんですわ。いやまあ、いい意味で騙された。滅茶苦茶おいしいやん。まだ口の中がコラーゲンの宝石箱状態だ。
 本日は野毛(桜木町が最寄駅)のちょっとはずれにあるすっぽん料理の店に行ってきました。「すっぽん食ってやる!ギンギラギンになってやるウフゥ!」といきまいたものの、やっぱりゲテに入る料理、ちょっと尻込みしていました。

 すっぽん料理といっても数あるのですが、東京に行くと割りと値段が張るようで(そうでないのもあるのでしょうけど)実は近くにリーズナブルな価格でご馳走になれるところ
がありました。3人で1匹平らげて一人7千円。
 ほらすっぽん料理ってそんなにあるもんじゃないじゃない。だからそういうニッチなところで、珍しいものだしゃ客が喜ぶもんだから、そんなにたいしたことなかったりしてとか思ってたのですよ。これがやられた、うまいのなんのってもうタハーッ!
続きを読む
posted by 煩悩即菩薩 at 19:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事

2006年06月17日

纜(ともづな)@横浜 反町

 東横線反町にある鳥料理屋です。以前予約しようとしてふられていたのですが、また当日予約で今回はいけました。反町とかって用事がないので下りたことがないのですが、知る人ぞ知る店らしく仕方なく降りました(他に何があるか知らないけど)。
続きを読む
posted by 煩悩即菩薩 at 20:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | 食事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。