2005年10月31日

酸ヶ湯温泉@青森

酸ヶ湯のマッチ 今年の冬の草津温泉以来に訪れる名湯、酸ヶ湯温泉。結論から書く、5つ星!
 八甲田山や奥入瀬が近くにあるため、今回訪れたときは閉山ぎりぎりに間に合い紅葉もみることができた。旅館の食事も美味しいし、まさに秋満喫ができた。冬に訪れてもそれはそれで情緒ある滞在ができることだろう。

 温泉マニアというほどではないので、訪れた温泉数は少ない。けれどもこの酸ヶ湯はすばらしかった。外見は古風な大型旅館といったところ。山々に囲まれ、先ほど言ったように今回は紅葉が青空の下、鮮やかだった。
 旅館の中も古いのだけど、ぼろっちいというよりはノスタルジックといったほうが当てはまる。部屋に通されるまでの廊下にせよ、宿泊した部屋にせよとても懐かしく、品のある温かみがある。歴史を感じさせる建物だ。

 古いのは建物だけではない、三百年の湯の歴史がある。(初めてだったのだけど)混浴の伝統もまだ残っており、メインのヒバ千人風呂は数時間を除き基本は混浴だ。(浴室内は暗いのと湯気で実際は視界が殆ど遮られる。特に自分の場合は暗いところが苦手なため、近場の周りすら見えにくかった)

酸ヶ湯の部屋 白濁した酸性の湯は、入るとちょっとぴりぴりとくる。残り香は草津並みにある、硫黄臭は服にまで付く。また温度事態は比較的ぬるめ、長く入っていられるのが個人的によい。(いつもは出たり入ったりしてのぼせ気味になってしまう。熱いのはあついのでいいのだけどねえ)

 食事は地元の食材を生かしたものがでてくる。これがまた美味しい(青森は本当食材がよい)。しみ豆腐にまいたけの鍋、根曲がり竹、魚の煮物(鮫?)、帆立の刺身(この貝柱がとても大きく、ぷるぷるしていて甘く美味しい)などなど…。

紅葉 秋は紅葉狩りができて、大きな温泉入って、美味しいもの食べてゆっくりできる。癒しの温泉宿だ。酸ヶ湯は温泉街ではなく、酸ヶ湯温泉旅館のみがある。つまりあの観光地っぽい喧騒とも多少は縁がない。静かないいところだ。
 ああちなみに有名な温泉なので人も多いです。ご予約はお早めに。(ちなみに自分のときは平日でしたが、それでも多い。若い衆が居なかったのでいずれにせよ落ち着けたのはよかったけど)
 は〜…早めの秋を堪能できたよ。よかったよかった。

#近頃はマナーの悪いすけべヒヒ爺が増加しているらしく、混浴を守る会みたいなのができたらしいです。じじい〜、そういうことやんなよトホホだなほんと。
posted by 煩悩即菩薩 at 17:36 | Comment(6) | TrackBack(1) | 散歩
この記事へのありがたいお説教の数々
トラバありがとうございます。
同時期に行ったんでしょうか。
どこかで会っていたかもしれませんねー。
本当は混浴も入りたかったけど勇気がなかったです。
そんなの気にならないくらい歳をとったら
たっぷり入りたい…
Posted by maぐぅる at 2005年10月31日 23:07
 どうも、きっと同時期にいっていますね。
 逗留は1日でした、もっといたかったのですが。
 本当いいところですね。

 ちなみにおばあちゃんが一人男の更衣室に入ってきました。それはそれである意味どきどきしました。
 すけべい心ではなく(どうせ目が悪くて見えないし)、混浴文化ってのもおおらかでいいなあと思います。

 またきておくんなまし。

#実際女の人が入ったときは好奇の視線にさらされたというブログを見かけました。じじ様のおめめはそういう時にだけ視力がUPするのかもしれませぬ。
Posted by 煩悩即菩薩 at 2005年10月31日 23:54
こんばんは〜
うちのブログにコメントありがとうございました。
こちらからもTBしてみました!

千人風呂は空いてる時間だったので
ラッキーでした〜
お湯も白濁してるし、浴室内も暗かったし。
ただ、おばちゃん(おばあちゃん?)は
男女の区切り関係なく、どこも隠さず、
男性側に堂々と進出してました・・・笑
そんな人間ウォッチングもちょっと楽しかった♪
Posted by e-style at 2005年11月01日 22:53
1つめの写真に写っているキーが魅力的です。まるでバブルのころの男女の情事・・
男「どう?ココのスイート、予約しているんだけど」っと言いながら男は内ポケットに忍ばせておいたルームキーをと取り出し「今から上に行こうよ」と言わんばかりのサインを女に送る。
一方、女「あーら私、そんな安っぽい女じゃないわよ」

・・ってなところに出てきそうなキーだね。って古いね。私が、考えが。

#温泉、私も好きです。美人になりたいです。
Posted by もやし at 2005年11月02日 03:03
おはようございます
私も来週一泊温泉に行こうと思っているのですが
どこ行くか全く決まっていない・・・(T_T)
探さねば。。。
私は青森生まれで、子供の頃酸ヶ湯にはよく行った記憶がある・・・^^
Posted by あじゅ子 at 2005年11月02日 10:06
 あれ、青森生まれなのですか。知らなかった…。

 青森はよいとこでした。これから東北を色々攻めたいなあと思っておりますよ。
Posted by 煩悩即菩薩 at 2005年11月03日 11:40
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

44日間ツーリング  #2
Excerpt: 1??12日目(東北地方) 【e☆オススメ・東北の温泉】更新ペースが遅くてゴメンナサイ。。。  記憶力低下(?)につき、旅の間つけていたノートを見ながら書いてます?? 苦笑 ↑黄金崎温泉/青森県..
Weblog: ☆ e-style ☆
Tracked: 2005-11-01 22:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。