2008年02月23日

かねふくの明太子

 かねふくの明太子が何気に応募した懸賞で当選してしまいました。そうでないと食べる機会がなさそうな気が。有名なお店のものなのでそれなりの値段がいたします。お中元とか贈り物にはよいですね。

 箱を開けてみて思ったのが「でかい」。
 もったりとした威厳のあるでかさです。しかしながらしまりのあるプロポーション。さすが。
 そして味。辛さは控えめですが、口の中で粒がほんのりととけていくような感じで美味しいです。ボリューム感と美味しさで高得点です。これは美味しい。

 日常の食卓に並ぶようなことは(そんなに裕福でないし)ないかなと思いますが、贈り物には最適かと思います。やっぱり試してみてから送った方がいいですしねえ。炊き立てご飯に乗るまさに至玉の一品でございます。

 「かねふくの明太子
posted by 煩悩即菩薩 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事
この記事へのありがたいお説教の数々
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。