2005年10月02日

初競馬してみた@大井競馬場

パドックで馬定め 馬と私といえば、産まれ年と馬肉かといったところだ。
 知り合いに何人か競馬好きな人がいるが、全くそれ自体に興味が湧かなかった。そもそもギャンブルが好きではないので「どうせ負けるようにできてるし」のステレオタイプでばっさり切り捨てていた。
 が、本日相方の提案で初めて競馬に行くことになった。二人とも競馬は初めてだ。今やっているのは中山でだけど、そんなところまで行くのは面倒くさいので近場の大井競馬場にした。
 14:45からの開園と同時に入場。まず下調べゼロのため馬券の買い方すらわからん。
 みようみまねで買ってみて、どうにか実験の1枚目の馬券購入程度で感動。
 結局6レースほどみたけど、遅いレースになればなるほど人が入っていた。おっさんの群れでグレーの群集になっているのかと思いきや、おやじ率は高いけどそれでも女も家族連れも老若男女全てが普通にいた(外国人もいた)。施設も何か屋台に飲食店に色々あるじゃない。(素人なのでそのくらいで感動できるのよ)

 競馬新聞とかあるけどそんなもの見ても頭が悪いのでどうせわからん。ということで分かりもしないのにパドックで馬をみて、オッズを比較しなんとなく「こいつだあ!」という馬にかける。馬券を買う、コースでレース観戦という流れを繰り返した。(もう少し勉強したらもっと面白いに違いない)

トゥインクルレース とりあえず予算は1000円と決めて5レースほどやった。
 トータルで勝ちましたよ!ええ、10円。(これじゃ交通費はおろか入場料100円にも満たねえよ)でもそれまで自分に負けていた相方が、最後のレースで3つの馬券が全部当たり1300円をゲットしていました。すごいぜビギナーズラック!

 駅から競馬場のバス運賃はただってのがいいね。地元は競馬でかなり潤っているんだろう。
 レースを目の前で見ると本当に迫力があるね。(メルボルンで初めてF1を見たときもすごいと思ったな。耳栓なくして"カアァァン"っていうエンジン音のせいで耳が痛かったけど)馬くんたちも綺麗だし、見ているだけでも割と楽しめると思った。テレビで見るのとじゃやっぱり違うよ。これが中央競馬になるとまた別格なのかね。

 先入観というのはいかんね。意外に楽しめた。
 馬は馬肉だけじゃなかったのね。馬は友達ダネ!
posted by 煩悩即菩薩 at 21:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 散歩
この記事へのありがたいお説教の数々
 大井で競馬デビューとはチャレンジャーだ。しかも、大井で勝つなんて、快挙だよ。俺なんか、9/2に行った時、全レース外した。3連単で一発を狙い続けて、惜しいのがいくつかあったけど。
 競馬は面白いが、25%のテラ銭を取られているので、負ける仕組みになっている。観戦料と割り切って、馬券を買う事ですな。
 中央は雰囲気がだいぶ違うよ。
Posted by ニート1号 at 2005年10月02日 22:30
 お馬先生からの早速のコメントありがとうございます。
 あ、やっぱり負けるように出来ているのですね。まあ映画を見に行っても1000円くらいははかかるし、綺麗なお馬のレースにかけてみて、ちょっとした一喜一憂を味わえるのはそれはそれで立派なエンターテイメントとしていいのかな、と思いましたよ。おやじのがなり声の歓声も、一番前で見てると全ての声が伝わってくるため、結構迫力がありました。

 よほどのことがない限りはまったら最後ですな。なのでお馬先生のおっしゃる「割り切り」は必要かと。
Posted by 煩悩即菩薩 at 2005年10月02日 22:55
オレも初めて中山行ったときはたのしかったぁ。
400円ぐらい勝ったぞ。
穴:本命の割合を2:1にすると元は取れるそうだ。
ま、予測にすぎないんだが。

面白いのは場外レースなのにオヤジ共が大画面を見ながら
ワーワーいってるやつ。
戦隊物みながら暴れている子供とかわらん(笑

中山は駅から近いし馬場の中心が芝生で公園のようになってるし
デートスポットでもある。
Posted by あゆロボ at 2005年10月03日 01:12
 お、まいど。
 そうか以前は千葉だったから近かったのね。
 とりあえず地方はいってみたということで、次は中央にいってみたいのこころ。

 わーわー言うおやじのせりふ
 「よーし!こい こい!ああ!(こなかったらしい)」
 「バカ、畜生大外から一気にこい!ああ!(こなかったらしい)」

 ワンダーランドです。
 記事にも書いたけど、そんなプリティーなおやじばかりでなく、描いていたイメージとはぜんぜん違うものだったんだけどね。
Posted by 煩悩即菩薩 at 2005年10月04日 22:43
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。