2007年10月16日

会社と家族

 最近家にいる時間が多くなった。
 仕事の山場が一気に収束へと向かい、転職をきっかけに新たな仕事が来なくなった(また来ないようにしている)からだ。

 つい最近、普段自分からこっちにこない子供が自発的に自分のほうにきて「ぽん」と膝をさわってきた。あれ、そんなことしなかったのにね。
 大きくなったとか成長したからではない。私が家にいるのが比較的自然な状態になったんだろう。

 なんだか嬉しかった。
 こういうちょっとした喜びを知らないまま子供が大きくなってしまう人は多いのだろうな。かわいそうだとは思うが、そんなふれあいがあること自体知らずに生きてゆけば知らぬが仏だ。
 知らぬ間に子供と親との間は離れてゆくのだろう。何を大切に思うのかは自分自身だ。
posted by 煩悩即菩薩 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのありがたいお説教の数々
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。