2007年03月19日

ふらの牛乳プリン

 以前、実家に贈り物として送ったことはあるのだけど自分で口にすることはついぞなかった。が、今日いったらららぽーとにて発見したので迷わずゲット。晩御飯の後早速食べてみた。

 牛乳瓶を髣髴とさせる小瓶に入った状態になっている。中身は白い牛乳ではなく、プリンだ。何で飲み物みたいな風になっているのだろうと思ったら…。
 うまい。これはうまい。
 丁度いい甘さと、やわらかいを通り越してとろとろに溶けたプリン(やろうと思えば"飲める")。ちょっと中が微妙にシャーベット状になった状態で食べると、やわらかさの中にしゃりしゃり感がでてまたこれが非常によい。くせもないし濃厚すぎもしないのでしつこさがない。

 こりゃ喜ぶわ。もうちょっと早く食べてみりゃよかった。
 甘党の人には最適の贈り物です。誰か送って。

posted by 煩悩即菩薩 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事
この記事へのありがたいお説教の数々
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。