2006年07月23日

Fortune 500 グローバルトップ企業と石油

 何気にFortune 500を目にした。(利益の部
 以前もみたことがあるので、アメ夫の会社ばっかりなのは知ってたけど、それにしても石油関連が軒並みトップだ。後、金融関連。アメリカ(世界?)はエネルギーで動いてるんだなというのがわかる。このエネルギーがふっとなくなるとおびただしい数の人々が生きていけなくなるんだろうな。都会ってのはエネルギーが前提で成り立っているから、どことなく脆さを感じるな。

 金融関連が多いというのも面白いなと思った。
 まあこのあたりは世間一般の通念で、改めて自分が気づいたあたりど間抜けなのかなと思うけど。
 私の場合、昔からお金に目が行くのは悪徳なことという道徳律があって、何だか今になって損をしてるんじゃないかなと思うことがあるのだけど、やっぱり結局はお金で動いてるんだし、それがこのランキングにもでている。
 石油業界の労働者が儲かってるのかは知らないけど、金融(証券)業界は段違いだよね。特に外資系は。30行く前に年収1000万とか稼ぐサラリーマンっていうのは意味がわからん。奥さん子供さんは金融業界に入れるが吉ですよ。さあ、ご子息をあおって煽って勉学に駆り立てましょう!見栄も晴れますよ!

 こっそりとロシアと中国の石油企業がランクインしているのも見逃せない。
 BRICsのRとCの磐石の成長基盤はここにあるんだね。Iのインドは石油資源ってなかったような。Bのブラジルはよくわからんが、南米で石油といえばベネズエラ。でもベネズエラはチャベス大統領の目の黒いうちは米帝の好きにはさせそうにない。みんなもチャベスを応援しよう。

 日本企業に目を転じてみると、やっぱりトヨタが上位にきてる。ブーブー車業界ってすごいね。モテる男の必須アイテム、"ブーブー車(しゃ)"には全く興味がないので、よくわからん。石油といえばやっぱりブーブー車ですから、石油をばくばく食べて地球をあったかーくしてくれるのに一役買ってくれているわけですね。(これで心も体もポッカポカ)

 あと、収益のランキング(これ)ではでかいはでかいけど赤字出してるのが2社ほど。
 しかも一社は日本でも有名なアレですね。赤字額もイカス。

 この人たちが世界を動かしているんですよ。
 やっぱエネルギーってのは馬鹿にならないなと再認識しました。
 地味な感じがどことなく、個人的にするんですけど、エネルギー、大切なんですね。
 アメリカはみんなのエネルギー確保のために日夜戦うスーパーポリスなんですね。悪者はやっつけろ!ビバ!
posted by 煩悩即菩薩 at 12:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのありがたいお説教の数々
>悪者はやっつけろ!ビバ!

アメリカから人が居なくなっちゃうよ(笑)
Posted by もやし at 2006年07月27日 22:54
マツダの車を乗せた船がアラスカ付近で立ち往生してるって。
マツダもアメリカで業績を上げてるみたいだね。
広島だから、こんなニュースがあるのかも^^

年収1千万円かぁ。。。
1千万あったら税金ってどれくらい持ってかれるのかな。1千万あったら、いっぱい余裕がある生活が出来るね★

Posted by たかたか at 2006年07月29日 01:26
 アメリカから人が居なくなると植民地としても大変だね!

 む、1千万にくらいついたね。
 首都圏で1部上場企業でフルで共働きしてたら、普通に入ってくる額だと思うよ。時間はないだろうけど。
Posted by 煩悩即菩薩 at 2006年07月31日 11:57
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。