2010年09月19日

バルセロナへ吹いてゆく

 6ヶ月のスペイン人研修生の世話が終わった。彼自身はまだ1週間こっちにいるけど、私が来週からインドにいくので昨日でお別れ。最後までバタバタしてて、もう少しよくしてやればよかったなとか後になって思う。が、伝授することはほぼ伝えたし、後は社会にでて今回の経験を役立ててくれればなって思う。はっきりいってわれわれのコンビは普通よりかなりうまくいったんじゃないかな。
 大げさに言うとこれから彼の作ったものは私が世界中にばら撒くことになる。まず第一歩として今回のインド行きをその機会にする。後はアメリカ、ドイツ、うーん中国?オーストラリア?みたいな感じで広めたい。彼に費やした、これまでにかかった投資は少なくとも回収しないと…。

 こっちは特にモノは何もあげられなかったけど、彼は来たときにワインを、帰りに一冊のスペイン文学を一冊私に残していった。そういえば文学の話もしたっけな。知らなかったけど、彼の出身はバルセロナに関する本だった。面白そう。でもまだバルザックのゴリオ爺さん途中なんだよな(関係ないけどスイスではこの本が中学の課題図書らしい)。

 スペインは行ったことないし、あんまよく分からないんだけど、ツテができたのでいつか息子を一人で送り込み、彼の家にでも泊めてもらおうフフフ。私もそうだったように、彼から学ぶことは多いだろうし。
 しかし何だろうなあ、彼にしろ滅茶苦茶優秀なので見てると日本の学生やばくねえ?といつも思う…。知識量とか云々より、人間的なところがえらく成熟してる。

 今月は納期に研修完了にインドに、柄にもなく忙しくて寝てたら久々に足つった。今月を振り返るのはとりあえず来月末ぐらいにしよう。
posted by 煩悩即菩薩 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのありがたいお説教の数々
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。