2009年08月30日

衆院選

 選挙いきました。投票日の今日でなく、昨日に不在者投票しました。

 基本的に選挙にはいきますが、いまだに行かない人もいるのかなと知ると情けないなあと思います。興味がある人だけの政治になっちゃうじゃない。つまり投票率の高い年寄りのそれ。
 あとでどうなっても知らないよって思うのだけど、文句だけはいうんだろうな。税金取られるだけとられておいて、自分の声を票にしないっていうのは自己犠牲の精神か何かでしょうか。

 私も大して政治に敏感でなく、ほぼノンポリ層なのですが、社会を構成する一員としてこれぐらいは…ねえ。
 むしろ投票に行かない人から、文句言わないし税金とるだけとって政治をしたらどうでしょう。
posted by 煩悩即菩薩 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのありがたいお説教の数々
説教をたれてやる
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。