2009年07月22日

自殺

 自殺対策センターライフリンクの発行する「自殺実態白書」なるものをみつけた。


 年間3万人の自殺者が日本にはいるぐらいの知識はあったけど、こうやってまとまった資料があるとは。
 都市部の中年に自殺者は多いのだけれど、そのひとつに愛知県豊田市という場所があったのには驚いた。これが何を暗に示しているかというのは一目瞭然で…。

 必死に働いてその結果がこういう形でくるのが非常にむなしい。
 私が前いた会社には自殺者こそなかったが、2ヶ月以上80時間以上の過労死認定レベルの残業は当たり前だったし、近くには二人、そのほかにも何人ものうつ病患者を出していた。元来ちゃらんぽらんな性格なため、自分は大丈夫だと思っていたが、一緒にいるだけでうつ病患者の生産に加担しているような気がしていやで仕方なかった(でも実際そうだと思ってた)。またうつにさせた本人がどんどん上にいくという異常な構造を横目にしながら、こりゃ気色悪いと脱出したものだ。ほら、黙認もいじめに加担したのと同じっていうし。(逃げたんだけど、そんなところから金貰って生き延びるほど落ちちゃない)
 あの人鬱になっちゃんだって、みたいな感じで普通に会話がなされる。それでもそこにいられる異常な神経。在籍時には口に出さなかったけど、閉口ものでしかない。妻子ある人が鬱になってしまった状況がどういうものか分からないほどに神経が鈍磨してしまうものらしい(妻子なくても同じだけど)。
 そうまでして彼ら(鬱になった人、鬱にした人、傍観していた加害者)は何を守りたかったんだか。やっぱり今でもあんまり知りたくはない。たいしたものでもなさそうだし。
 大企業ですらこの有様。

 脱出してよかった…とかそういうことをいいたいんじゃなくて。

 企業や周りがその損失を気づかない限りはどうしようもない。
 たくさん働くのがよし、というのはすべての人でないという思考にしないと。

 いじめられるほうにも原因があるっていうけど、よくわからない。とにかく悲しいことに違いはない。
 今はまったくこういう話からは遠ざかったし、ごく近しい人にもまったく鬱の人はいなくなった。でもどうやらまだこの事実は続いており、論議のまな板の上にのっているらしい。閉じた空間だと暗示にかかりやすいというけど、世界を狭めないことだ。

 過労による自殺なんて論外だ。あんたらの人生は人を殺したり自殺することにあるのかい。直接的、間接的にせよ人をやっちゃあなるめえよ。なあ。
posted by 煩悩即菩薩 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2009年07月19日

変わる生活環境

 インド人の家に行き、ドイツ人が作ってくれたシュニッツェル(トンカツのようなもの)とアイスクリームを食べた。日独中印と国籍を超えてよくも集まったものだ。
 昼から夜にかけてずーっと飲酒しっぱなし。適当な馬鹿話したり。

 こういうイベントに普通に参加するようになった。なったというかできるようになった。できるようになったというか、そういう環境になった。とても楽しい。所属する集団が変わると、生活環境がこうも変わるものなんだなと、ふと振り返ってみて面白く思う。
 得るものがあれば失うものもあるけれど、失ったものを差し引いても今のほうが面白いなあと思う。

 国を離れて日本に勉強しにきたり、働いている人は同じ年齢の日本人と比べると(まあもともと会社レベルで派遣されてくるのでそれなりのフィルタがかかっているのだけど)考えがしっかりしていたり、優秀だったりする。おそらく逆に外にいっている日本人も同じようなものなのだろう。こっちにとっても非常にいい刺激になる。(そんでもって、あっれー日本やべぇー!という意識がわいてくる)

 こういう環境にいられるのはありがたい。でももっといろんな人がすべき経験でもあるなあと思う。日本人同士でつるんで遊ぶのもとても面白いが、言語的な面倒くささはあるけれど、外国人と遊ぶのもまた別の感覚で非常に面白い。
 いろんな国の料理を食べるのも、どこかに共通点があったりするのを見つけられたり、結局そういうのが自己の確立にも結びつくのかも。

 以上、二日連続の飲酒で酒漬けの頭で考えたこと。
posted by 煩悩即菩薩 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。